読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KEILOG

主に旅や食。なんでも。

予防接種

予防接種を受けるか受けないか

 完全に自己責任です。

一個も受けていないで旅をしている人にもたくさん出会いました。

なので必ず受けるべき、というわけではありません。

予防接種ってひとつひとつが高いですからね。

ただ万が一受けずに病気にかかってしまった場合、リスクが大きいので個人的には受けた方がいいと思います。 

もちろん全部は受ける必要はありません。自分の行く地域や過去に受けた予防接種を考慮して決めます。

ということで、いくつか主要なものをあげます。

 

種類

A型肝炎

簡単に言うと食あたり。水道水を飲むことができるような日本にいるうちは特に問題ないですが、海外ではどこでも充分に起こりえる感染症です。

特にアジアや中南米、アフリカに行く場合はうっておいた方が安心です。

せっかくご飯がおいしいところへ行くなら、安心して食べたいです。

 

B型肝炎

これも肝炎のひとつです。ただ、A型と違うのは感染経路です。

母子感染や性行為による感染、汚染された注射器による感染などなので普通に旅をする予定の人はいらないんじゃないかな、と思います。

 

破傷風

傷口に菌が入ることなどで感染します。

ほとんどの人が小さい頃に3種混合ワクチンをうっているはずなので日本にいるうちは問題なしです。ただ海外に1ヶ月以上行く場合は、念のため1度うつことをお医者さんに勧められるはずです。

 

黄熱病

南米に行く人はうってください。国によっては義務化されています。

黄熱病の予防接種をうけると、イエローカードという証明書がもらえます。

その証明書を見せろと言われることがあるそうです。

自分は一度も言われませんでしたが(笑)

 

日本脳炎

アジアでかかり得る脳炎です。

これも小さい頃からワクチンを打っているはずですが、母子手帳を見てお医者さんと相談がいいです。

 

狂犬病

アジアやアフリカに行く方は受けた方がいいです。

南米も野犬が多いので注意。コウモリなどからも感染します。

ワクチンをうたずに狂犬病に感染すると基本的に死にます。

 

マラリア 

南米、アフリカ、アジアなどでかかりやすい虫による感染症です。

夏に旅する人は要注意です。ワクチンというよりマラリアの薬をもらっておいて、各自予防するという形です。

かかってしまった疑いがある場合、すぐ病院へ行かないと最悪死に至ります。

 

スケジュール

ワクチンをうつことを決めた場合、充分にスケジュールに余裕を持ってください。

ものによって数回うつものがあったり並行してうてないものもあります。

渡航2,3ヶ月前から始めるとちょうど良いです。

例として、自分のスケジュールがこちら。

 

A型肝炎(1回目)    2015/01/19

破傷風       2015/01/19

A型肝炎(2回目)    2015/02/13

狂犬病(1回目)      2015/01/30

狂犬病(2回目)      2015/02/06

狂犬病(3回目)      2015/02/27

黄熱病                 2015/03/18 

 

場所

旅人が行く病院はだいたい決まっています。安いからです(笑)

タイで大変安く受けられたりするなどの情報もあるのですが、こちらの記事では自分が行ったところだけかいておきます。

 

A型肝炎  南大塚クリニック 1回につき7000円

破傷風         南大塚クリニック 2000円

狂犬病         ふたばクリニック    1回につき7000円

黄熱病         東京診療所    11300円(イエローカード発行料込み)

 

まとめ

自分は4種類の予防接種で約5万円でした。

当然高かったですが、命には変えられないというのと実際安心して旅ができたので受けておいて本当に良かったと思います。

参考にしてみてください。では。