KEILOG

旅と音楽と気まぐれ

結局のところ、旅で英語は上達するのか??

元々自分は英語の語学留学をするつもりでした。

 

しかし英語に関して言えば、生まれてからずっと日本にいるのにペラペラな人もいるためコスパが悪いと思い、思い切って今までやったこともないスペイン語の留学を選びました。そこで外国人の友達を作っちゃえば、自然と英語もできるようになるし一石二鳥だ!というノリでした。

f:id:keitanakayama:20160409232308j:plain

 

第1回 (2014/12/14)

TOEICなるものを初めて受けました。
平均が大体580~600点というのは聞いていて、学校の英語の成績が良かったので平均くらいは余裕だろーという感じで臨みました。
ちなみに腕試しなので対策は一切しておりません。
結果がこちら。

f:id:keitanakayama:20160409214147p:plain

というわけで無事撃沈しました。

全然時間が足りませんでしたね、、、

とりあえず腕試しということで。

 

第2回 出発直前 (2015/03/15)

1回目が終わった時に反省しました。

「自分は旅に行くのであって留学に行くわけではない、ならなおさら残りの3ヶ月間勉強面は頑張ろう」固く決心し、、

たはずなんですけど、残りの3ヶ月はがむしゃらにバイトをしていて、気付いたら試験3日前になっていました。

前回の反省を活かして、時間配分に気を配った結果がこちら。

f:id:keitanakayama:20160409221234p:plain

はい、もう自信も何もかも打ち砕かれました。平均すらいってない。

自分の英語は小手先だったということを痛感したし、何より12月にかたく決意したのに勉強しなかった自分に絶望しました、、

というか本当に海外歴9年の帰国子女なのか、、

 

というわけで

自信を持って旅立つ予定だったのに、ものすごい不安を持って旅立つことになりました。

飛行機に乗る直前なんて、あまりの不安で気持ち悪くなりました。

それぐらい上の結果はしんどかったです(笑)

そんな意志の弱い人間が旅をしたら怠け者になるんじゃないかと思い、、

その時はなんで旅を選んだのだろうと後悔もしました。

 

度重なる挫折

予定通り、スペイン語留学を始めました。

しかし予想外の出来事が。周りのクラスメートが全員欧米人だったこと。そのためスペイン語を話せない始めのうちは、休憩中みんな英語。

気付いたこと。「ヨーロッパ人英語うっっっま!!!!」

隣の人に英語で何か聞かれて、頭の中で分かっていても口から出て来ない。話せない。

ある日5人ぐらいで飲みに行くことになったのですが、 全く付いていけなくて、

みんなに大丈夫?と心配される始末。

本気で反省しました。「もっと英語を勉強していけばよかった、、、、」

 

旅を開始

そんなこんなで留学が終わりました。

スペイン語は結構話せるようになっていたのでほとんど心配はありませんでした。

そこから外ではスペイン語を、宿の中では欧米人たちと英語を、という修行のような日々が始まりました。

留学中はスペイン語を使用していたので、英語は渡航後と変わらないレベルです。

でもラッキーなことが。旅人同士って本当にすぐに仲良くなれるんです。

だから自分の下手くそでノロノロな英語も笑顔で聞いてくれるような人たちとたくさん友達になれました。

「この人たちともっと色々な話をしたい。英語を勉強したい。」と初めて感じました。

 

旅を経て

結局7ヶ月半、南米と北米、ヨーロッパを旅しました。

とにかく色々な人と仲良くなりたい、コミュニケーションを取りたい一心で積極的に話す努力をしました。 

 

第3回 帰国後 (2016/03/13) 

渡航中、勉強という勉強はしなかったので、旅で英語ができるようになるのかということがはっきりと分かるためヒヤヒヤはありましたが期待もありました。

時間配分などの対策として、この本を順番通り11日間かけてやりました。(オススメ)

CD付 [完全改訂版]TOEICテスト直前の技術

CD付 [完全改訂版]TOEICテスト直前の技術

 

 そして気になる結果がこちら。

f:id:keitanakayama:20160409232103p:plain

 

やった〜

リスニング、リーディング共に約100点ずつアップで780点。

受けた感想としては、今までよりも断然聴き取りやすくなったと思いました。

 

まとめ

旅で何を得たかといえば、英語力よりも英語を勉強するきっかけです。

たったそれだけと思うかもしれませんが、これさえあれば何とかなる気がします。

留学している時、チリ人の先生に

「次はフランス語が勉強したいなぁ、そしたら世界中で生きていける」

というと

「語学はきっかけが無いとできるようにならないよ。私はフランスに彼氏がいるから話せるけどね」

と言われたのを鮮明に覚えています。

やっぱり語学はただのコミュニケーションツールなので、そこの目的がないと上達するはずないんだと実感しました。

なので改めて迷っている人に向けて、旅はおすすめです。

 

追記 (2018/8/24)

前回の投稿から約二年経ちましたが、進展を記録するのを忘れていました!

去年の11月に、TOEICを受けた結果はこちら。

f:id:keitanakayama:20180824222221p:plain

 

旅に行く前に比べて300点も上がってる笑

特にリスニングがかなり上がってますね。これは2つ理由があります。

①ゲストハウスでのアルバイト

旅の間散々使っていた1部屋8人とか泊まれるような安宿で、アルバイトを始めました。9割以上外国人のお客さんという状況なので耳が慣れたんじゃないかと思います。

 

②過去問

 過去問をやってみました。(下のやつ)これ2年分なんですけど、時間配分がわかるようになるのでおすすめです。

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編